PCの問題が解消した。

 今年(2017)の4月からRYZEN 1500Xを使用したPCを使い始めたが、5月の初めにWindows10のCreatorsUpdateが行われてから、調子が悪くなった。

 ひとつは、操作に対する応答が、異常に遅い場合があるというもので、CreatorsUpdate以前にはなかった。また、FX-8320Eを使用したPCでは、CreatorsUpdate後でもそのような現象はなかった。

 もうひとつは、通信の切断が発生するというもので、これもCreatorsUpdate以前にはなかった。当初は、1500Xでのみ発生する現象と思っていたが、その後、8320Eでも起きる現象であることが判明した。

 二日に一度は起こるので、いい加減いやになり、Intel系ならどうなんだと言ことで、G4600を購入して試してみたところ、発生頻度は1500X以上だった。


 先週までは、そんな状況だったが、この一週間は通信の切断は一度も発生していない。これは、1500XでもG4600でも同様だ。

 9月26日に、Windows Updateで、KB4040724が投入されているのだが、それで修正が入ったらしい。時期的に、計算が合わないのだが、それ以外に原因が見当たらないので、それではないのかな?という感じだ。

 CreatorsUpdate後、5か月が経過したところで、ようやく重大な問題が解決したというわけだ。


 応答が遅い場合がある(1500Xだけの現象)ことについては、以前とかわらない。そう頻繁に起こるものではないし、長いといっても5秒程度のものだから、最近ではどうでもいいという感じだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

I219V RTL8111 RTL8118AS  I211-AT KILLER E2200

 タイトルにあげたLANコントローラーが、この2年間ほどの間に使用した、マザーボードに組み込まれていた。


 手元に残っているのは、最初の4種類で、E2200が組み込まれたマザーボードは、すでに手放した。

 RTL8118ASとI211-ATのものは、解体して箱の中に入っている。



 ドライバーのデフォルト設定のいくつかを、ここに記録として残しておく。



(1)I219V、I211-AT

::RSSキューの最大数::1または2で、2がデフォルト

::受信バッファ::256がデフォルトで、増減可能

::受信側スケーリング::無効または有効で、有効がデフォルト

::送信バッファ::512がデフォルトで、増減可能



(2)E2200

::RSSキューの最大数::1、2または4で、2がデフォルト

::受信バッファ::256がデフォルトで、増減可能

::受信側スケーリング::無効または有効で、有効がデフォルト

::送信バッファ::512がデフォルトで、増減可能



(3)RTL8118AS、RTL8111

 この場合の、RTL8111は、GIGABYTEのAB350-GAMING3に組み込まれているもののことだ。サフィックスはわからない。

::RSSキューの最大数::1、2または4で、4がデフォルト

::受信バッファ::512がデフォルトで、減少のみ可能

::受信側スケーリング::無効または有効で、有効がデフォルト

::送信バッファ::128がデフォルトで、減少のみ可能



 デフォルトの設定を見ると、(1)と(2)は同類で、(3)が異質なことがわかるだろう。

 設計思想が違うという言い方でもいいだろう。

 RealTekの製品は以前使用していたことがあるが、その時のRSSキューの最大数は2だったと記憶している。

 RTL8118ASは、ドラゴンLANと言われている、最近の製品なので、RSSキューの最大数が4でも驚きはなかったのだが、RTL8111のそれが4であったのは意外だった。

 Killer E2200もRSSキューの最大数が4だが、デフォルト値をみると、RealTekのものとは異なる発想で設計されているようだ。



 これらのLANコントローラーに、使用上で、違いがあるのかというと、違いはあるのだ。

 LANに問題を抱えている場合以外は、そのようなことを気にする必要はない。そのような場合には、どれでも違いがないからだ。

 問題を抱えている場合は、いろいろ試してみる以外にない。

 問題があるということ自体が、かなり例外的であるわけで、それの解決の道筋もバラバラだから、ここではどれがどうとかという、コメントはしない。

 ひとこと言っておくとすれば、使用してみれば、違いが判るだろうということだ。

 先にあげたデフォルト値は、いろいろと参考になるはずだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

飛行機の胴体パネルの厚み

 MSNニュースの産経新聞の記事

 国土交通省大阪航空局関西空港事務所は24日、関西国際空港発アムステルダム行きKLMオランダ航空868便が、23日に大阪市内を飛行中に部品(4・3キロ)を落下させたと発表した。大阪府警天満署によると、部品は同市北区西天満の国道1号を走行中の乗用車の天井を直撃したが、けが人はいなかった。
 同事務所などによると、同機は同日午前10時40分に離陸した直後、右主翼の付け根付近の胴体パネルの一部(縦横1メートル×0・6メートル、厚さ4ミリ)が落下。乗用車を直撃し、屋根や後部座席の窓ガラスが損傷した。運転していた病院職員の女性(51)=東京都日野市=にけがはなかった。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


RSSリンクの表示
リンク
カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック