RYZEN 1500X その後(2)

 マザーボードのBIOSの新バージョン(B35AS626.BSS)がメーカーサイトで公開されていた。日付が2017/06/26となっているが、7月7日には存在していなかったので、それ以降のどこかで公開されたことになる。


 BIOSを更新してみたところ、気づいた限りでは、変更点は二つだ。SMT Modeの設定が可能になったことと、CPU倍率の設定方法が変わったことだ。


 性能的な変化があったかどうか確認のためCINEBENCH R15を実行してみた。


(1)BIOSデフォルトの場合

:(イ)電源プランがバランス設定の場合

:;8スレッド::813cb
:;4スレッド::482cb
::1スレッド::152cb


:(ロ)電源プランが高パフォーマンス設定の場合

:;8スレッド::815cb
:;4スレッド::554cb
::1スレッド::155cb


 旧バージョンのBIOSの場合と同様な結果だ。



(2)BIOSデフォルトからCPBをDisabledにした場合

:(イ)電源プランがバランス設定の場合

:;8スレッド::793cb
:;4スレッド::458cb
::1スレッド::133cb


:(ロ)電源プランが高パフォーマンス設定の場合

:;8スレッド::788cb
:;4スレッド::561cb
::3スレッド::426cb
::2スレッド::286cb
::1スレッド::143cb


(3)BIOSデフォルトからCPBをDisabledとし、SMTをDisabledとした場合

:(イ)電源プランがバランス設定の場合

:;4スレッド::555cb
:;3スレッド::421cb
:;2スレッド::283cb
::1スレッド::143cb


:(ロ)電源プランが高パフォーマンス設定の場合

:;4スレッド::558cb
::3スレッド::426cb
::2スレッド::286cb
::1スレッド::143cb


 この値と、(2)の値の差がSMTによる処理能力の増加分になるはずだ。

::793/555=1.44
::788/558=1.41

 SMT有効の8スレッドのcb値を、SMT無効の4スレッドのcb値で除した値だが、AMDが公表しているSMTによる処理能力の増加分41%と近い数字になっている。


::458/283=1.61
::561/286=1.96

 この値は、OSのリソース管理方式の相違による処理能力の変化を計算したものだが、バランスプランでは1.41に近い値、高パフォーマンス時は2.0に近い値となれば、理想形のはずだが、バランスプランではかなり外れた値になっている。



(4)BIOSデフォルトからCPBをDisabledとし、電源プランを高パフォーマンス設定にしたうえで、最小と最大のプロセッサの状態を5%にした場合

:(イ)SMTがAutoの場合

:;4スレッド::244cb、252cb、246cb
:;3スレッド::191cb
:;2スレッド::128cb
::1スレッド::64cb


:(ロ)SMTがDisabledの場合

:;4スレッド::249cb、250cb、250cb
::3スレッド::190cb
::2スレッド::126cb
::1スレッド::64cb


 ここで重要なの4スレッドの値だ。1、2、3スレッドの値はcb値のばらつきを見るためのものだ。

 OSのオーバーヘッドがゼロに近く、OSが理想的なものであれば、4スレッドのcb値はSMTの有効無効にかかわらず同じ値になるはずだ。現実にはオーバーヘッドがあるため、SMT無効の場合のcb値はSMT有効の場合以下になり、その差がOSのオーバーヘッド相当分になるはずなのだが、現実にはそうはなっていない。

 (4)は、(2)と(3)の値の差が少ないので、CPUのクロックをほぼ半分にして、オーバーヘッドの影響を見ようとしたものだが、SMT有効のほうがcb値が低いという結果になってしまっている。

 問題は、処理能力の大きい状態であるSMT有効時のスコアのほうが低めということに尽きるのだが、その理由は当然わからない。

 単なる値のばらつきということだと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

RYZEN 5 1500X と Intel G4560

 しばらく前に、Intel Pentium G4560のレビューを目にした。


 このG4560の特徴は、2C4T(ハイパースレッディング付きの2コアCPU)で、価格が7000円前後と安いということだ。(現在在庫のない通販サイトがほとんどだが)

 ベースクロックが3.5GHzで1500Xのそれと同じというところが、この記事のきっかけだ。


 1500Xは2C4T+2C4Tという構成のCPUだが、BIOSで2C4Tという片肺構成を指定できる。この状態で、CINEBENCH R15を実行してデータをとってみた。

 
 実験に使用したPCの構成
==========
AMD Ryzen 5 1500X
BIOSTAR B350GT3 BIOS B35AS413(5.12)
Crucial 2x4GB DDR4 2400MHz Memory
Zotac GT710 2GB DDR3
OCZ ARC100 240GB SSD
WDC WD10EZEX 1TB HDD
LG BH14NS48 Blue-ray Diskdrive
Rosewill Capstone-450 Powersupply 80PLUS GOLD
2xCase Fan
Windows10 64bit
PS/2 Keyboard
USB Mouse
1xDVI 1920x1080+1xHDMI 1920x1080 Display
==========


 1500Xの主要なスペックは、2C4T+2C4T構成、ベースクロックが3.5GHz、ターボが3.9GHz、L3キャッシュが8+8MBというところだ。

 G4560は、2C4T構成。ベースクロックが3.5GHz、ターボは無し、L3キャッシュが3MBというところだろうか。

 G4560のCINEBENCH R15のCPUのスコアは、マルチで382cb、シングルで151cb程度だ。この値が比較の対象ということになる。



(1)1500XのPowerNowを無効とし、ターボを無効とした場合。

:(イ)Windowsの電源プランをバランス設定とした場合。

::4スレッド::398cb
::3スレッド::342cb
::2スレッド::255cb
::1スレッド::141cb

 4スレッドではG4560を上回り、1スレッドでは下回る。2、3スレッドの場合にはG4560のデータがないのではっきりしないが、2スレッドではG4560が優越し、3スレッドでは1500Xが優越するというところか。


:(ロ)Windowsの電源プランを高パフォーマンス設定とした場合。

::4スレッド::397cb
::3スレッド::342cb
::2スレッド::257cb
::1スレッド::143cb

 (イ)の場合とほぼ同じだ。理屈上は、2スレッドでは高パフォーマンス設定が優越するはずだが、実際には誤差程度の差しかない。この比較で、明確な差が出るようならWindows10の評価は急上昇するはずだ。


(2)1500XのPowerNowを有効とし、ターボを有効とした場合。

 この設定では、BIOSの問題か、CPUの問題かは不明だが、ターボが3.6GHzまでしか上昇しない。PowerNowが有効でターボが有効はデフォルトなのだが、このような状況のため記事上の序列を下げている。

:(イ)Windowsの電源プランをバランス設定とした場合。

::4スレッド::407cb
::3スレッド::351cb
::2スレッド::265cb
::1スレッド::143cb

 (1)の(イ)よりスコアが上昇しているのは、ターボの効果だ。(0.1GHzに過ぎないが)

 G4560との関係は、(1)の(イ)と変化ない。


(ロ)Windowsの電源プランを高パフォーマンス設定とした場合。

::4スレッド::407cb
::3スレッド::351cb
::2スレッド::267cb
::1スレッド::146cb

 (1)の(ロ)と同様だ。


 G4560は、1500Xを半分にしてターボを外したようなものなのだが、CINEBENCH R15のスコアから見ると傾向の違う製品だ。

 G4560は382/151cb、1500Xは398/143cbというスコアなのだが、これを言葉で表すと、G4560はシングルスレッド重視で、1500Xはマルチスレッド重視ということになるだろう。

 この関係は、本来の1500X(4C8T)とIntelの4C8T製品の間でも変わらない。

 一見似たような製品でも、実は似ていないというやつで、用途次第でどちらかを選択すべきものということになる。

 G4560との比較については以上で終わりだ。



 以下は4C8Tの1500XのCINEBENCH R15のスコアだ。


(3)BIOSのデフォルト設定の場合。

:(イ)Windowsの電源プランをバランス設定とした場合。

::8スレッド::814cb
::4スレッド::478cb
::3スレッド::386cb
::2スレッド::265cb
::1スレッド::151cb


:(ロ)Windowsの電源プランを高パフォーマンス設定とした場合。

::8スレッド::815cb
::4スレッド::535cb
::3スレッド::440cb
::2スレッド::308cb
::1スレッド::156cb

 これが、本来の姿の1500Xの実力ということになる。


 Intelの一世代前の製品にi7 6700というCPUがある。

 4C8Tで、ベースクロックが3.4GHz、ターボが3.7、4.0GHzというスペックで、1500Xの3.5GHZ、3.9GHzと似たスペックだ。

 CINEBENCH R15のスコアは、マルチが816、シングルが171程度だ。

 8スレッドの場合は1500Xと同水準だが、1スレッドでは171対156cbで、6700が9.6%ほど上回る。

 6700の2から4スレッドのスコアは見当たらないので推測になるが、4スレッドまでは6700がほぼ9%程度上のスコアを記録するはずだ。5から7スレッドでも、スレッド数が多くなるにつれ差が少なくなるが、6700のスコアが優越する。

 大雑把な言い方をすると、1500Xが6700と同格なのは8スレッド同時実行の時だけで、それ以外では最大9%の差をつけて6700が優越するとういことになる。

 少し違った表現をとると、6700はCPU負荷が100%以外のすべての局面で1500Xに優越する、とういうことになる。

 ゲームでは、RYZENはIntelより見劣りするという評価があるが、その原因の一つがこれだ。ゲームでは、このクラスのCPUの場合、CPU使用率が100%になることはまずない。

 バッチ処理(動画のレンダリングなどのことだ)ではRYZENが優秀というのも、これが理由だ。それらの処理では、CPU使用率が100%という場合が多いからだ。



(4)BIOSのデフォルト設定からターボを無効にした場合。

:(イ)Windowsの電源プランをバランス設定とした場合。

::8スレッド::792cb
::4スレッド::459cb
::3スレッド::362cb
::2スレッド::235cb
::1スレッド::140cb


:(ロ)Windowsの電源プランを高パフォーマンス設定とした場合。

::8スレッド::794b
::4スレッド::515cb
::3スレッド::425cb
::2スレッド::286cb
::1スレッド::143cb



 実のところ、この手の話を書くのは徒労ではないかと思っている。わかっている人は読む前から分かっているし、わかってない人はこれを見ても得るところはほとんどないはずだからだ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

RYZEN 1500X その後

 Creators Updateが自動的にインストールされた後、調子が悪くなってしまったRYZEN 1500XのPCのその後の話。


 Creators Updateが自動で実行された後、Windows Updateで修正が二回入った。

 また、RealtekのLANコントローラーのドライバーの新しいバージョンが二回配布されたので、それも取り込んだ。


 結果的に多少の改善にはなったが、Creators Updateの前の状態にはもどっていない。

 他メーカーのマザーボードの場合、AGESA1.0.0.6を含んだBIOSが配布されている場合もあるのだが、BIOSTARの場合いまだに配布されていない。


 調子が悪いといっても、使いものならないというわけではないので、結構使用しているのだが、ちょっと実験をしてみた。1500Xはストックのままで、OCはしていない。


(1)
online balnce 5-100 crop

 これは1500X PCの稼働状態なのだが、Windowsの電源プランのバランス設定で動かしている場合のものだ。CPUは最低が1550MHzで、最高が3500MHz、ターボが最高で3900MHzという動作条件になる。



(2)
online balnce 5-90 crop

 これは同じく1500X PCの稼働状態なのだが、Windowsの電源プランのバランス設定の最大のプロセッサの状態を90%に変更した場合のものだ。CPUは最低が1550MHzで、最高が3000MHz、ターボはなしという動作条件になる。



(3)
online balnce 5-50 crop

 これは同じく1500X PCの稼働状態なのだが、Windowsの電源プランのバランス設定の最大のプロセッサの状態を50%に変更した場合のものだ。CPUは最低が1550MHzで、最高が1550MHz、ターボがなしという動作条件になる。


 #4、#5コアの使用率が、最大のプロセッサの状態を低くするにつれ、少しずつ上昇しているのがわかるだろうか?



(4)
online balnce 100-100 crop

 これは同じく1500X PCの稼働状態なのだが、Windowsの電源プランのバランス設定の最小のプロセッサの状態を100%に変更した場合のものだ。CPUは最低が3500MHzで、最高が3500MHz、ターボが最高で3900MHzという動作条件になる。

 #4、#5コアがほとんど使用されていないのがわかるだろうか。


 これらを、簡単に解説すると、同時に実行されるスレッドの数が、処理能力の高い状態では概ね4スレッドで、処理能力の低い状態では概ね6スレッドということになる。

 もう少し説明的に言うと、処理能力の低い状態では、ランダムに実行されるスレッドの一つづつの実行時間が長くなる。その結果同時に実行されるスレッドの数が増加する。処理能力の高い状態では、その反対になることは言うまでもない。



(5)
online ryzen 5-100 crop

 これは同じく1500X PCの稼働状態なのだが、Windowsの電源プランをAMD Ryzen™ Balanced Power Planに変更したうえで、最小のプロセッサの状態を5%にした場合のものだ。CPUは最低が1550MHzで、最高が3500MHz、ターボが最高で3900MHzという動作条件になる。

 使用率のグラフが、バランスプランと異なるのは、OSのリソース管理が別物になるからだ。



 冒頭で、あまり調子がよくないと書いたが、その調子の悪さにも、設定によって、程度の差というものがでてくる。

 程度のいいのは(5)で、程度が悪いのは(3)の場合だ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Ryzen PC Windows10のCreators Update後 調子が悪い

 Ryzen 1500XのPCを使用している。


 組み立て後、Windows10をインストールし、手動でCreators Updateを実行した状態で使い始めたが、調子が良くなかった。

 Windows10をインストールし直し、今度はCreators Updateを行わなかったところ、満足できる状態になった。


 その後、5月10日になって、Creators Updateが自動的にインストールされてきた。

 それ以来調子が悪い。最初に手動でCreators Updateを導入した時と同じような状況だ。

 手動で導入した時は、まだバグが残っているためかと思ったが、正式に配布されてきたものも同レベルという印象だ。


 操作に対するアクションが遅いので、クリックし損ねたか?などと思っているとようやく反応してきたりする。

 回線の切断が発生する場合もある。これは、Windows7では時々出ていた現象で(PCはFX-8320E)Windows8.1にしてからは出なくなっていたものだ。

 1500Xでも8320EでもCreators UpdateなしのWindows10では出ない。

 また、8320Eの場合では、Creators Updateを行った場合でも、反応が悪くなったり、回線の切断が発生することはない。


 ということで、1500XのPCは予備機に格下げ、この記事はFX-6300のPCで書いている。


 調子が悪くなってしまった1500XのPCの構成は以下の通りだ。

==========
AMD Ryzen 5 1500X
BIOSTAR B350GT3 BIOS B35AS413(5.12)
Crucial 2x4GB DDR4 2400MHz Memory
Zotac GT710 2GB DDR3
OCZ ARC100 240GB SSD
WDC WD10EZEX 1TB HDD
LG BH14NS48 Blue-ray Diskdrive
Rosewill Capstone-450 Powersupply 80PLUS GOLD
2xCase Fan
Windows10 64bit
PS/2 Keyboard
USB Mouse
1xDVI 1920x1080+1xHDMI 1920x1080 Display

Windows10は、自動でCreators Updateが実行され、その後調子が悪くなった。
==========


 Ryzenはこのセットしかないので、他のCPU、他のマザーボードではどうなのかは、わからない。

 発売後、日の浅い製品に手を出すと、面倒に巻き込まれがちというパターンそのままだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

PCを入れ替えた。

 2017年4月19日にRyzen 5 1500Xなどを購入して試用してきたが、連休中にラインアップを更新した。

 ラインアップと言っても3台だから大したものではない。


 以前のラインアップ
==========

常用機1::FX-8320E
常用機2::FX-6300
予備機:::i5 4670
予備部品::i5 4670(1個)+マザーボード(1枚)

==========


 新しいラインアップ
==========

常用機1::FX-8320E
常用機2::Ryzen 5 1500X+BIOSTAR B350GT3
予備機:::FX-6300

==========


 1500Xを二週間ほど使用して、i5 4670を2セット処分することに決めた。

 8320Eと4670は同程度の処理能力で、6300はその4/5程度、1500Xは1.5倍ぐらいの処理能力だ。

 4670は2セット分あるが、安定した組み合わせは一つしかない。ほかの組み合わせでは安定しないという厄介な代物で、ここ数か月は使用実績がなかった。

 1500XとB350GT3とWindows10+Creators Updateで使い始めたが、この組み合わせは良くなかった。その後、Windows10をインストールしなおし、今度はCreators Updateを投入しなかったところ、ほぼ問題なしという結論になった。

 結果的に、常用機2には1500Xをあて、6300は予備機にすることにした。


 使用感は、8320E、6300、4670、1500X、どれもたいした違いはない。

 あえて序列をつければ、4670、1500X、8320E、6300だ。4670が最初に来るのは応答性が高いからだ。インタラクティブな処理には適性が高い感じだ。

 1500Xの処理能力が高いのも間違いない。4670、8320E、6300で実行すると問題がでるソフトが、問題なく動くようになった。問題と言ってもごく軽微なもので、問題なしと言ってもいいレベルのものだ。推測だが、そのソフトの開発は、Intelのi7系を使用して行われたのではないかと思う。そのため、処理能力に劣るCPUで実行すると問題がでる、という構図ではないか。

 1500Xに入れ替えたことで、残る問題点は一つだけになった。これは、処理プロの処理方式と、NVIDIAのグラフィックスのドライバーの相性問題で、NVIDIAを使用する限り解決は望み薄だ。グラフィックスカードをRADEONにすれば問題がないのはわかっているのだが、適当なカードがRADEONにはないので、替えられないでいるだけだ。この件も大した問題ではなく、実用上は問題なしと言ってもいいレベルのものだ。



 参考までに、冒頭にあげたPCのCINEBENCH R15のCPUベンチマークのスコアを示しておく。

Ryzen 5 1500X::8スレッド=816::4スレッド=549::1スレッド=154

FX-8320E::8スレッド=513::4スレッド=301::1スレッド=93

FX-6300::6スレッド=420::4スレッド=310::1スレッド=97

i5 4670::4スレッド=550::1スレッド=151


 1500Xと4670が4スレッドまでなら同等だというのがよくわかるが、実際に使用してみると、応答が速いのは4670で、1500Xは若干遅い感じになる。1500Xが見劣りする点をあげるとしたら、この部分だけだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


RSSリンクの表示
リンク
カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック