CFRP製の船舶用プロペラ

 2015年1月19日の日本経済新聞に、『ナカシマプロペラ 炭素繊維製、船用に』という記事が出ていた。

 一般商船の場合、通常、プロペラは銅合金製であるという。ナカシマプロペラは、それを炭素繊維強化プラスチック(CFRP)で製造し、2014年6月に、一般商船の主推進用に、世界で始めて、搭載された。

 ナカシマプロペラは、船舶用プロペラの国内最大手で、売上高は約200億円。大型船舶向けでは、世界シェア約30%、国内シェア約70%であるという。

 記事は結構長いのだが、その中に注目すべき情報が記されている。その部分を以下に引用する。

==========
 物質・材料研究機構の調査では50年までの銅の累積使用量は埋蔵量を超え、「銅合金鋳造物であるプロペラは資源枯渇の脅威にさらされている」(中島社長)
==========

 ということもあって、代替素材としてCFRPを取り上げたということらしい。


 50年というのは、おそらく2050年のことだろう。あと35年。35年くらいあっという間に過ぎてしまう。

 現在、ガソリンエンジン・電気モーター併用自動車、電気自動車、燃料電池自動車が脚光を浴びている。これらの自動車は、これまで一般家庭で使用されてきた電気モーターより、強力なモーターを搭載している。当然、銅線の使用量も多い。それが、下手をすると、一家に一台、ということにもなりかねない。

 船舶用のプロペラは、大きいから銅の使用量も多いだろう。中島社長の危機意識も理解できる。ところが、電機で動く自動車が主流となるとしたら、その台数は船舶とは桁違いに多くなる。その一台一台に、強力なモーターが搭載される。銅の使用量もうなぎのぼりだろう。自動車メーカーは、この辺りを、どう考えているのだろうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


RSSリンクの表示
リンク
カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック