原発 汚染水処理 コスト(1)

 福島原発の汚染水処理費用で情報が錯綜している。最初はNEWSポストセブンの「1トン2億円」という記事・・・①が目に入ってきた。日を置いて「25万トンで531億円」という読売新聞・・・②の記事が目に入ってきた。

 そして今日(5月29日)、

 『アレバ・ジャパン、レミー・オトベール社長:「浄化システムのすべてを合わせた費用は数十億円です。システムは固定価格で提供します」
 アレバ社の浄化システムをめぐっては、処理に「兆円単位の費用がかかる」という指摘が出ています。これに対して、アレバ社日本法人のオトベール社長は、福島第一原発から出る汚染水の処理費用として数十億円で東京電力と契約したことを明らかにしました。また、浄化システムの稼働が来月半ばにずれ込んだことについて、アレバのシステムではなく、ほかのメーカーの遅れが原因だと説明しました。』
・・・③という動画つきの記事に行き当たった。このテレ朝NEWSは5月27日14時55分付けとなっていて、読売新聞の記事より約7時間前に報道されていることになる。

 テレ朝の報道は、汚染水処理プラントには複数の企業がかかわっており、アレバが東電と契約したのは汚染水の処理プラントの一部分(おそらくプラントの主要部分)で、その額が数十億円であるとしている。アレバとしては包括的な汚染水処理の請負などは意図するところではなく、共沈処理による放射性物質の除去の手法とプラントの提供そして共沈処理剤の提供はするので、それから先は東電側でやりなさいということなのだろう。

 東電の発表は上記のような事情を元に算出されたものとみてよいだろう。ここで注意しておく必要があることは、25万トンの汚染水の処理費用531億円には汚染水から共沈処理により沈殿された放射性物質の処理費用は含まれていないだろうということだ。東電は25万トンの汚染水と言ってはいるが(それに含まれる)汚染物質(放射性物質)何トンとは言ってないことがその理由だ。汚染水の処理が始まり共沈処理により取り出される汚染物質の構成や量が明らかになってきた時点で、それの処理方法や処理費用がまとまる事になる。

 25万トンの汚染水という数字も問題含みだろう。現時点ですでに6万トンの汚染水が発生している。それに加えて毎時25トン程度の新たな冷却水が投入されている。このペースで行けば、これから発生する汚染水だけでも、8000時間で20万トンに達する。8000時間は333日であるので一年後には25万トンを超過していることになる。冷却水の投入は、その量が減ることはあるだろうが、原子炉から燃料を取り出すまでは継続されることになる。おそらく数年は冷却水の投入(循環であっても投入と変わりは無い)が続くことになることを考えると25万トンは楽観的過ぎる数字だろう。

 テレ朝の報道に気付くまでは、NEWSポストセブンの記事は1000トン(1キロトン)2億円の数字を何処かで(情報提供者側かNEWSポストセブン側のどちらかまたは両方が)取り違えて記事にしてしまったのだろうと考えていた。今また考え直してみると、この話は錯誤とかの範囲を超えたものがあるのではないかという気がしてきたが、それはまた別の機会に。


ということで、また明日。


仏・アレバ社 原発汚染水処理費用に1トン2億円を提示 2011.05.25 07:00 NEWSポストセブン・・・①

汚染水25万トンの処理に531億円…東電試算 2011年5月27日22時03分 読売新聞・・・②

仏アレバ社 汚染水浄化費用は数十億円 05/27 14:55 テレ朝NEWS・・・③

スポンサーサイト

福島原発 汚染水処理 コスト

 5月25日の「福島原発 格納容器に穴」のエントリーで、「仏・アレバ社 原発汚染水処理費用に1トン2億円を提示」・・・①というNEWSポストセブンの記事を引用したが、この「1トン2億円」というNEWSポストセブンの記事は誤りで、「1000トン2億円」とすべきだったようである。

 5月22日22時過ぎに報道された「汚染水25万トンの処理に531億円・・・東電試算」・・・②という読売新聞の記事から1000トンあたりの処理単価を求めると約2.1億円となる。読売新聞の記事は東電発表を記事にしているのに対して、NEWSポストセブンの記事は「経産省幹部」からの情報とされているが、何処かで数値が取り違えられた結果「1トン2億円」という話になったのだろう。


仏・アレバ社 原発汚染水処理費用に1トン2億円を提示 2011.05.25 07:00 NEWSポストセブン・・・①

汚染水25万トンの処理に531億円…東電試算 2011年5月27日22時03分 読売新聞・・・②

福島原発 格納容器に穴

 福島第一原発については、5月の連休が明けてから事故の経過あるいは事故の現状について、東電がほぼ確定的な見解として発表を始めた。

 5月12日には福島原発1号機について炉心溶融を事実上認める発表が東電からあった。・・・①

 1号機の炉心溶融の発表後2,3号機も同様なのではないかとの見方が大勢になっていたが、5月24日になって東電が2,3号機について炉心溶融を事実上認める報告書を原子力安全・保安院に提出した。・・・②

 5月25日には1号機の格納容器に約7センチメートルの穴が、2号機の格納容器には約10センチメートルの穴が開いていると見られるという解析結果を東電が発表した。・・・③

 ①、②、③いずれについても、発表前から取りざたされていたことだけに意外感は無いが、ほぼ確定となるとそれなりの重みが加わるのは避けがたい。

 核燃料の溶融はともかく、圧力容器、格納容器からの漏水は問題が大きい。放射性物質を含んだん水が格納容器から漏れ出しているのが確定的となると、その流出先は原子炉建屋地下でありタービン建屋地下であろうという推測もほぼ確定するということになる。そうであるとすると原子炉建屋とタービン建屋からのからの漏水がないようにしないと、汚染水の垂れ流し状態になってしまう。ようするにもう後がない状態であることがほぼ確定したわけだ。また仮に漏水がなかったとしても、原子炉建屋、タービン建屋が満水になればお手上げだ。

 原子炉の冷却水を再使用することで、汚染水の増加を食い止めるという計画が進行中なのだが、それには汚染水の汚染の程度を低下させる工程が必要で、それをフランスの企業アレバが請け負うことに決まっている。ところがそれがとんでもない問題含みであるという記事が出ていた。「仏・アレバ社 原発汚染水処理費用に1トン2億円を提示」・・・④というものである。汚染水は現時点での確定分だけで約6万トンであるから、その分だけでも処理費は12兆円に上ることになる。それだけならいいが、汚染を低減させた水を冷却水として再使用するから、冷却水として投入する水の1トン毎に2億円かかるということになる。1号機の場合毎時8トンという記事があったから、1時間で16億円、30日で1兆1520億円という数字になる。NEWSポストセブンの記事の信憑性を疑いたくなるが、事実だとしたら東電の倒産は既定路線だ。そして遠からず汚染水を海に垂れ流しせざるを得ない状況に至るだろう。

 1トン2億円は高いのではないかという話もあるかもしれないが、その処理が汚染水から除去した放射性物質を安全に扱える状態にまでもっていくものであれば、存外妥当な価格なのではないかという気もする。しかしながら、1トン2億円という話はあまりにも丼勘定だろう。せめて汚染水の重量ではなく、汚染水から除去した放射性物質何キログラムにつき何円という契約にする必要がある。いったいどんな契約になっているのだかこの目で見てみたいものだ。


ということで、また明日。


福島第1原発:1号機、燃料の大半「溶融」…冷却は維持 毎日新聞 2011年5月12日 11時44分・・・①

2、3号機も炉心溶融「燃料の大半は圧力容器内」東電が解析 2011.5.24 10:36 msn産経ニュース・・・②

格納容器に7~10センチの穴か 工程表への影響必至 福島原発1、2号機 2011.5.25 12:42 msn産経ニュース・・・③

仏・アレバ社 原発汚染水処理費用に1トン2億円を提示 2011.05.25 07:00 NEWSポストセブン・・・④



ナイス・キャッチ

 このブログ・・・http://ok2bdifferent.blog98.fc2.com/blog-entry-1358.html・・・に野球関係のすごい動画が貼り付けられている。一見の価値あり。


ということで、また明日。

チェルノブイリ 25周年

 1986年4月26日にチェルノブイリ原子力発電所4号機が事故を起こしてから既に25年が経過した。チェルノブイリ原発4号機と事故処理に使われたヘリコプターや軍用車両が廃棄された保管場は今でもグーグルマップの航空写真で確認できる。



より大きな地図で チェルノブイリ を表示



Chernobyl Scrap Metal English Russia ではチェルノブイリの事故処理で使用された軍用機材の保管場の写真を見ることが出来る。

Vehicles of Chernobyl English Russia ではチェルノブイリで使用されたいろいろな車両の写真そしてそれらが廃棄された様子を見ることが出来る。


ということで、また明日。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


RSSリンクの表示
リンク
カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック