トルコ軍機がロシア軍機を撃墜

 2015年11月24日16時過ぎ(日本時間)に、トルコ軍機(F-16)が、ロシア軍のSu-24(戦闘爆撃機)を、撃墜した。

 トルコ側は、Su-24がトルコの領空を侵犯したとし、ロシア側は領空侵犯はなく、撃墜時はシリアの領空を飛行していたとしている。

 Su-24のパイロット2名は、機体から脱出し、パラシュートで、シリア領に降下した。うち1名は、シリア北部で、少数民族のトルクメン人のグループに拘束された。残りの1名については、情報なし。


2015/11/25 追記

 パイロット二人は、パラシュートで降下中に、地上からの銃撃で、死亡したと、トルクメン人が説明。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

フォルクスワーゲンの燃費

 先ごろ、フォルクスワーゲンが、CO2の排出量について、不正を行っていたという報道があった。

 そこで、フォルクスワーゲンのゴルフと、国産車の燃費を比較してみた。国産車には、車重と、タイヤサイズと、エンジン出力で、ゴルフに近いスッペクを持つものとして、トヨタのオーリスと、日産のウィングロードをピックアップした。(ゴルフ、オーリスは現行車、ウィングロードは2014年4月モデル)


<1>比較

(1)車重(kg)

1,240  Golf TSI Trendline(DSG7段)
1,220  オーリス150X(CVT)
1,300  オーリス120T(CVT)
1,190  ウィングロード15S(4AT)
1,220  ウィングロード15M(CVT)


(2)燃費(km/L)

21.0  Golf TSI Trendline(アイドリングストップ機能付き)
18.2  オーリス150X(アイドリングストップ機能なし)
19.2  オーリス150X(アイドリングストップ機能付き)
19.4  オーリス120T(アイドリングストップ機能付き)
15.0  ウィングロード15S(アイドリングストップ機能なし)
17.2  ウィングロード15M(アイドリングストップ機能なし)


 車重の差を考慮しても、ゴルフのシステムのほうが、エネルギー効率は良さそうだ。オーリス120Tは、2015年4月6日に新たに追加された最新型で、ゴルフに似た形式のエンジンを搭載したモデルだが、それでもゴルフには届かない。

 ゴルフのエンジンは、1.2リッターのターボ付きのダウンサイジングエンジン。オーリス120Tのエンジンも1.2リッターのターボ付きダウンサイジングエンジンだ。ところが、オーリスの場合、ダウンサイジングエンジンを搭載したモデルのほうが、車重で80kg増えてしまっている。装備の差があるので、判断は難しいのだが、120Tのエンジンのほうが重いのではないだろうか。


<資料集>

 ゴルフと、オーリスについては、メーカーのウェブサイトのデータを使った。ウィングロードについては、Goo-netのカタログコーナーのデータを使った。ただし、タイヤの空気圧についてはメーカーのウェブサイトのデータを使った。

(1)ゴルフの主要諸元

車名 Golf TSI Trendline
車両形式 DBA‐AUCJZ
車重 1,240kg
タイヤサイズ 195/65R15
タイヤ空気圧(kg/cm2) 不明
JC08モード燃費(km/L) 21.0(アイドリングストップ機能付き)
CO2排出量(g/km) 111(アイドリングストップ機能付き)

エンジン形式等 CJZ 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ) 1,197CC
最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm 77(105)/4,500‐5,500
最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm 175(17.8)/1,400‐4,000
使用燃料 無鉛プレミアム

変速装置 DSG 自動7段
変速比 1~4速 3.764~1.121 5~7速 1.176~0.795
最終減速比 1~4速 4.437 5~7速 3.227
オーバーオールレシオ 16.700~2.565

価格 2,660,000円


(2)オーリス150Xの主要諸元

車名 オーリス 150X(2WD)
車両形式 DBA-NZE181H-BHXNK
車重 1,220kg
タイヤサイズ 195/65R15(91Sと91Hがある模様、詳細不明)
タイヤ空気圧(kg/cm2) 前後とも2.3(91S) 前後とも2.4(91H)
JC08モード燃費(km/L) 18.2(アイドリングストップ機能なし) 19.2(アイドリングストップ機能付き)
CO2排出量(g/km) 128(アイドリングストップ機能なし) 121(アイドリングストップ機能付き)

エンジン形式等 1NZ-FE 直列4気筒DOHC 1,496CC
最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm 80(108)/6,000
最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm 136(13.9)/4,800
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

変速装置 CVT
変速比 2.480~0.396
最終減速比 5.698
オーバーオールレシオ 14.131~2.256

価格 1,892,945円


(3)オーリス120Tの主要諸元

車名 オーリス 120T(2WD)
車両形式 DBA-NRE185H-BHXNZ
車重 1,300kg
タイヤサイズ 195/65R15(91Sと91Hがある模様、詳細不明)
タイヤ空気圧(kg/cm2) 前後とも2.3(91S) 前後とも2.4(91H)
JC08モード燃費(km/L)19.4
CO2排出量(g/km) 120

エンジン形式等 8NR-FTS 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ 1,196CC
最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm 85(116)/5,200〜5,600
最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm 185(18.9)/1,500〜4,000
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

変速装置 CVT
変速比 2.480~0.396
最終減速比 4.761
オーバーオールレシオ 11.807~1.885

価格 2,590,037円

(4)ウィングロード15S(2014年4月)の主要諸元

車名 ウィングロード 15S(2WD)
車両形式 DBA-Y12
車重 1,190Kg
タイヤサイズ 185/65R15 88S
タイヤ空気圧(kg/cm2) 前2.3、後2.1
JC08モード燃費 15.0Km/L

エンジン形式等 HR15DE 直列4気筒DOHC 1,498CC
最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm 80(109)/6,000
最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm 148(15.1)/4,400
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

変速装置 4AT
変速比 1速 2.861 4速 0.697
最終減速比 4.072
オーバーオールレシオ 11.649~2.838

価格 1,663,200円


(5)ウィングロード15M(2014年4月)の主要諸元

車名 ウィングロード 15M(2WD)
車両形式 DBA-Y12
車重 1,220Kg
タイヤサイズ 185/65R15 88S
タイヤ空気圧(kg/cm2) 前2.5、後2.3
JC08モード燃費 17.2Km/L

エンジン形式等 HR15DE 直列4気筒DOHC 1,498CC
最高出力[ネット値] kW (PS)/rpm 80(109)/6,000
最大トルク[ネット値] Nm (kgm)/rpm 148(15.1)/4,400
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

変速装置 CVT
変速比 2.561~0.427
最終減速比 5.473
オーバーオールレシオ 14.016~2.336

価格 1,900,800円


ブログランキング・にほんブログ村へ

Windows 8 設定 メモ

(1)電源ボタン

denngen button crop


(2)スリープ

sleep crop


(3)powercfg

powercfg crop


ブログランキング・にほんブログ村へ

フォルクスワーゲン CO2排出量に問題ありか?

 日本のフォルクスワーゲンから、『フォルクスワーゲン内部調査によるCO2排出量の問題に関する日本への影響について』という表題のニュースリリースが、2015年11月6日に、出ている。URLは、http://info.volkswagen.com/jp/ja/home/news/20151106 だ。以下に全文を引用しておく。

==========
 News | 2015年11月6日

フォルクスワーゲン内部調査によるCO2排出量の問題に関する日本への影響について

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役:スヴェン シュタイン、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、11月3日付で、フォルクスワーゲンAGより配信されましたプレスリリース「排ガス問題解明作業の過程で、フォルクスワーゲンの内部調査でCO2 排出量の不正を確認」(No.392/2015)の中に、この問題がディーゼル車以外にも関係していることについて言及していることを受け、VGJが日本に正規輸入している車両について、同様の問題があるかどうかをフォルクスワーゲンAGに確認しましたので、ご報告いたします。

今回の対象となったガソリンエンジンは、アクティブシリンダーマネジメント(ACT 気筒休止付機構)付き1.4L TSI エンジンであり、フォルクスワーゲンAGが改めて日本仕様の同エンジン搭載車を調査した結果、日本仕様の車両に今回の問題は該当しないことが確認されました。

日本の皆様には、度重なるご迷惑、ご心配をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます。


<ご参考> 現在日本で販売しているACT付き1.4L TSI搭載車リスト (本問題には該当しません)

Polo BlueGT
Golf TSI Highline
Passat TSI Trendline, TSI Comfortline, TSI Highline, TSI R-Line
Passat Variant TSI Trendline, TSI Comfortline, TSI Highline, TSI R-Line
3車種 10グレード
==========


 CO2の排出量の不正ということだが、新聞報道などによると、形式認証の際に、CO2の排出量を少なくなるような不正をしていたということのようだ。CO2の排出量は、燃料の使用量に比例するから、燃費に関係してくる。CO2が少なければ、燃費がよく、多ければ、燃費が悪いということになる。


 問題となったエンジンは、「アクティブシリンダーマネジメント(ACT 気筒休止付機構)付き1.4L TSI エンジン」だ。このエンジンは、ガソリンエンジンで、ターボつきのものだ。

 気筒休止機構とは、負荷が軽いときには、不要な気筒を休止させることで、エンジンの効率を上昇させる仕組みだ。かつて、日本車もこのような方式のエンジンを実用化していたが、当時は「可変排気量エンジン」と呼ばれていたと記憶している。概念的には、4気筒のうち、1気筒を休止させれば、排気量は3/4となり、圧縮ロスは3/4になり、吸入ロスは3/4になるというものだ。もう少し説明的な表現をすると、「縮小型の可変排気量エンジン」ということになる。

 一方で、問題となったエンジンは、ターボつきでもある。ターボつきのエンジンは、「拡大型の可変排気量エンジン」と表現することもできる。ターボのついてない、通常のエンジンは、空気(混合気)を吸入している。構造上、排気量以上の空気を吸入することはできない。ところが、ターボがついていると、排気ガスにターボを回すほどのエネルギーがある場合には、吸入ではなく、シリンダーに空気を押し込むという状態になることがある。このときの圧力が、仮に、1.2気圧であったとしたら、そのときの実質的な排気量は、もともとの(表記上の)排気量の1.2倍に相当するということになる。これが、「拡大型の可変排気量エンジン」と表現した理由だ。

 「拡大型の可変排気量エンジン」のメリットは、例えば、1.2倍の排気量の、大きく、重く、フリクションロスが多く、吸入ロスが多く、圧縮ロスが多いエンジンを使わないですむということだ。

 問題となったエンジンは、縮小方向、拡大方向の両方向に対して、可変排気量なエンジンということになるわけだが、こんなややこしいエンジンを作らざるを得なかったところに、今回の不正の原因があるのだろう。1.4リッターの、縮小・拡大型の可変排気量エンジンではなく、例えば、1.1リッターの拡大型の可変排気量エンジン(つまり、より高過給なエンジン)ではだめだったのだろうか。これは、当然だめだったから、今回、問題となったエンジンを開発したのだろうが、それでも当初の目標をクリアできなかったのだろう。このようなことが、まだ疑惑は確定していないようだが、今回の不正につながったのかもしれない。


 小排気量エンジンに、過給器をつけて、動力性能を確保しつつ、燃料効率を上げる手法を、ダウンサイジングというが、フォルクスワーゲンが得意としているところだ。有用な技術なら、日本のメーカーも追随しそうなものだが、なかなか出てこない。1980年代には、「フルラインターボ」などと称していたメーカーもあり、日本メーカーがターボ技術に暗いわけではない。それにもかかわらず、ダウンサイジングターボが出てこないのは、燃料効率のよい過給エンジンを製作するのが、かなり困難なのだろうとは思っていた。今回の件は、その困難さを、裏書することになった。

 フォルクスワーゲンも、ディーゼルで失敗し、ガソリンエンジンでもダウンサイジングの限界が露呈しと、散々なことになっている。ディーゼルやダウンサイジングに、生き残りをかけてきたわけだから、この路線が手詰まりとなったら、影響は大きいだろう。

 フォルクスワーゲンには、悪い影響が、他のメーカーには、よい影響が、と言いたいところだが、他のメーカーでも、このような不正が露見する可能性もありそうだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2015年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


RSSリンクの表示
リンク
カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック