Meltdown Spectre Trendmicro

 年初から話題になっているCPUのセキュリティーの脆弱性については、Intel、Microsoft、PC関係のサイトなどから、いろいろな情報が流れている。


 そんな中、セキュリティーソフトを発売している、TRENDmicroが発表している文書が目に入った。


 『CPU の脆弱性「Meltdown」と「Spectre」への対応』という表題で、2018/1/5に投稿されたものだ。URLは、http://blog.trendmicro.co.jp/archives/16703だ。これは翻訳版で、原文と思われるもののURLは、https://blog.trendmicro.com/fixing-meltdown-spectre-vulnerabilities/だ。


 『投機的実行に関する脆弱性「Meltdown」と「Spectre」について解説』という表題で、2018/1/9に投稿されたものだ。URLは、http://blog.trendmicro.co.jp/archives/16735だ。これは翻訳版で、原文と思われるもののURLは、https://blog.trendmicro.com/trendlabs-security-intelligence/speculation-risky-understanding-meltdown-spectre/#だ、


 セキュリティーソフトメーカーは、CPUメーカー、OSメーカーとは異なる立場だが、無関係とはいえない位置にいる。上記の二つは、そういう会社が、おそらく、顧客向けに用意した文書だ。


 個人的に興味をひかれたのは、URLが、片方がhttp://で始まり、もう一方はhttps://で始まっていることだ。たぶん深い意味はないのだろうが、??という感じになるのは避けられない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

CPUに欠陥ありなのか?

 昨日(1月3日)から、今日にかけて、CPUに欠陥があるようだ、という話がネットに流れている。


 昨日は、IntelのCore iシリーズに仮想メモリーがらみのハードウェアの欠陥がある、という話だった。(関連記事のURLは、https://gigazine.net/news/20180103-intel-processor-design-flaw/ だ。)


 今日は、CPUの投機的実行に問題があるという話で、Intel、AMD、ARMのCPUに共通のの現象ということになっている。この情報の出元は、Googleだ。(関連記事のURLは、http://jp.techcrunch.com/2018/01/04/2018-01-03-googles-project-zero-team-discovered-critical-cpu-flaw-last-year/ だ。)


 ネット上には、このほかにも、これに関連した情報が流れている。


 個人的には、KabyLakeのi5 7500を使用したPCと、Ryzen 1500Xを使用したPCを使用しているのだが、今日の19時過ぎには、Windows 10 Version 1709の累積更新プログラムKB4056892というアップデートが、RyzenのPCには適用されてきた。

 i5 7500を使用したPCでは、更新プログラムのチェックをかけても、この更新は引っかかってこない。


 KB4056892が、今回のCPUの欠陥に関係があるのかと思って、説明を読んでみたが、関係はないようだ。

1/7 追記 KB4056892は、CPUの投機的実行にかかわる問題の対策を含んでいるという情報がネットに流れている。もう一度、説明を読んでみたが、セキュリティー関係の更新を含んではいるとはいっても、それが、ネットで取りざたされている通りのものなのかは、はっきりしない。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ルーター 不調

 先週、NTTからレンタルしている、光回線のルーターの調子が悪くなった。


 二日連続で、通信も、光電話もつながらないという事態が発生した。


 ACアダプターの電源プラグを引き抜いて、時間をおいてから、再び接続する。これを数回繰り返すと、正常な状態に戻る。

 一月ほど前にも、同じ状態になったのだが、その後、先週までこれといった問題はなかった。

 先週になって、二日連続で異常が発生したため、さすがに放置できず、NTTに連絡し、状況を説明したところ、ルーターを交換することになった。


 連絡の翌日に、交換用のルーターが送られてきた。

 型番はRT-400KIだった。

 これまで使用してきたルーターは返送するようにということだったので、同時に送られてきた返送用の袋に収納したうえで、返送用の送り状(着払い)を張り付けて返送した。


 送り返したルーターは、RT-200KIというもので、設置の日付は、11年前になっていた。


 RT-400KIの消費電力を計ってみた。

 計測は、サンワサプライのワットチェッカーPlusで行った。

 WANポートで光回線終端装置に接続した状態で、LANポートに何も接続しない場合、LANポートに電源オフのPCを3台接続した場合、LANポートに電源オフのPCを2台接続し、さらに電源オンでアイドル状態のPCを1台接続した場合、LANポートに電源オフのPCを2台接続し、さらに電源オンでユーチューブの動画をダウンロードしつつ再生しているPCを1台接続した場合について計測してみたが、どの場合も、5から6ワットだった。


 RT-200KIでは、同条件で8ワットだった。


 それ以上の違いは無いようだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


RSSリンクの表示
リンク
カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック